HOME>アーカイブ>アパートの状態に応じて適切な対応をしてくれる不動産会社が重要

地元業者の強みを生かしてもらえる

男性

アパート売却では築年数が古くなっていて買い手が見つからずに困るケースが多々あります。そのときにどの不動産会社に相談すべきかで悩むことがよくありますが、アパートのある地元の不動産会社に相談するのに注目する人が多くなってきました。人気が高まっている理由として挙げられるのが地元の利を生かして販売活動をおこなえることで、全国市場を持っている大手不動産会社よりも有利ではないかと考えられていることです。売れにくいアパートでも何とかして売れる方策を考えてくれるのではないかという期待を持って問い合わせをした結果として見事に古いアパートを売却するのに成功しているケースもあります。地元の事情に詳しいからこそどんな販売の仕方をすれば買い手が見つかる可能性があるかをよく理解しているのが魅力なのです。地元業者としての強みを生かそうという気概を持っていることも多く、その気持ちを上手に生かしてアパート売却に活用できるのもメリットです。

費用には特に違いはない

男女

地元でのアパート売却に関するノウハウを持っている不動産会社に仲介を依頼すると費用が余計にかかるのではないかと懸念する人もいるでしょう。確かに仲介手数料はかかりますが、それは他の不動産会社を使った場合でも違いはありません。仲介手数料は上限額が法律によって定められているので、それ以上の請求を受けることはないのも事実です。不動産会社としてはできる限り大きな金額を請求して利益を増やしたいと考えるのが当然で、ほとんどの不動産会社については上限額で仲介手数料を請求しています。そのため、地元に詳しい業者にアパート売却の仲介を依頼したからといって、他の業者を使う場合と費用面で特に違いが生じることはないのです。