どんな不動産業者なら信頼できるか

男女

マンション査定は売却を考えたときに確実に必要となることです。もちろん自分でもWebなどで周辺の相場を調べたり、実際に売りに出されている物件の情報を集めたりすることで勉強する必要がありますが、最終的には不動産業者に依頼することになります。信頼できる業者は最初から相場に近い適正な査定額を提示してくれますので、そこが見抜くポイントになるでしょう。例えば相場より極端に高い査定額を提示する場合、そのほとんどはウソであり、他業者に比べて明らかに高い金額を提示するのは強引に契約を取る気満々の悪質な業者の可能性があります。マンション査定で提示される金額は、周辺の相場や過去の取引事例をもとに出す目安です。多少幅があるのは当然としても、同じ物件で極端に高い・低いがあるはずがありません。飛び抜けている業者はまず避けて、口先だけでいいことを言う営業担当には耳を貸さないのが一番です。悪質だろうと高く売れればいいなどと考えると、契約した途端にこれでは売れないので値下げしますなどと手のひらを返してくる可能性が高いでしょう。だいたい3~4社くらい査定を受ければ、平均値もわかり相場がつかめます。コツは、高すぎるもしくは低すぎる業者をはずし、残りの平均値を出すことです。その中で対応の早い、真摯な業者を選べば、まず心配はないでしょう。大手であろうと地元密着の業者であろうと、この方法であれば信頼できる不動産業者を探しやすくなります。

査定にもいくつかの方法がある

マンション

マンション査定にもいくつかの選択肢があります。前述のように不動産業者へ査定依頼を出すことが多いかもしれませんが、不動産鑑定士へ依頼するという方法もあります。また、シミュレータを使用したり、Webの一括査定サイトを利用したりする方法も考えられます。それぞれの特徴を解説しましょう。不動産業者へ直接依頼するには、自分で出向いてマンションの情報を伝える必要があります。担当者とその場で話せる利点はありますが、何軒も回る必要があるのが手間でしょう。不動産鑑定士は国家資格で、コンサルティング業務などもしている専門家です。 ただ、マンション1棟売却など大規模な商談で依頼するのが一般的で、個人が相談料や査定料などを支払って依頼することはあまりありません。シミュレータはAI査定なので、ざっくり概算を知るにはいいですが、価格に大きく幅が出たり事例が少なく算出ができないこともあります。便利なのが一括査定サイトで、マンション売却を専門に扱うサイトで第三者機関が運営しているので、公平な立場で査定し、不動産業者とマッチングしてくれるのでおすすめです。